宅食と出前どう違う?

このコラムをシェアする

出前の利用はほどほどに

子供に限らず大人もそうですがバランスの良い食事をとっていないと肥満などになりやすく、生活習慣病やその他もろもろの病気の遠因にもなります。出前やお弁当は栄養バランスといった観点でメニューが考えられていない事が多く、そうした物を中心とした食生活を送っていると不健康な身体になる事が多いです。また、子供の頃からそうした食事をとり続けると大人になってもそうした食習慣を続けてしまうという研究もなされていますので、子供の食事というものはとても大事なのです。

宅配サービスの一種である宅食は出前と混同されがちですが、宅食は栄養バランスを考えて継続的に食べてもらう事を前提にメニューを考えておりますので、1回限りの利用が前提の出前とは全くの別物であると言えるのです。

調理の手間を削減できてバランスの良い食事

料理を作るには結構手間が掛かります。食材を調理するだけでなく、食べ終わった後には食器を洗ったりしないといけません。独り暮らしだとそうした後始末が面倒でつい洗い物が溜まったりしてしまいますが、家庭でそうした事をしてしまうと直ぐに衛生状態が悪くなるので止めましょう。特に小さいお子様がいるご家庭ではそうした衛生面に常に注意していないと抵抗力の弱いお子様が思わぬ病気になったりもします。

可愛いお子様のためにも自分たちでは無理だと感じたのなら、宅配サービスの利用を検討してください。変に意地を張ってお子様を病気にしてしまうよりはよほどマシでしょう。一番大事なのは家族の健康や命です。その優先順位は何があっても間違えないようにしてください。