ネット社会だからこそのお手軽さ

このコラムをシェアする

選択肢が存在しなかった昔

では選択肢が存在しなかった昔の暮らしを参考に見てみましょう。まず夫婦揃って正社員のフルタイムで働くという選択肢自体がそもそも存在しませんでした。その理由として商店の営業時間が今よりも短く、仕事が終わる頃にはもう閉店時間になってしまっていました。そのため家庭を維持するためには1人は日中家で家事をしたり、必要な食品や日用品などを買い揃える必要があったのです。

こうした時代はバブル以前の日本では当たり前でした。いわゆる「夫が働き、専業主婦が家庭を守る」というスタイルはこうした時代背景では必要な事だったのです。つまり選択をする余地も無く、こうしたスタイルを取らないと生活が成り立たないというのが昔の暮らしでした。

選べる幸せを楽しもう

現代では家電の発達や社会の変化、企業努力によって色々な家族の選択肢を選べる時代になりました。「選べる」という事はそれだけでとても幸福な事なのです。無論昔の時代が悲惨なだけだったと言う訳ではありませんが、1つしかなかった選択肢が多様化したのは喜ばしい事なのです。選択肢が1つしかなければ好き嫌いの前にそれを選ばざるを得ません。

しかし選択肢がいくつもあれば自分の好きな選択を行う事ができるのです。宅配サービスにおいても年々利用できるサービスは拡大傾向にありますので、より色々な選択が可能になりつつあります。「選択できる幸せ」を感じながらご自分の家庭にとって最良の選択をされる事が出来るようになったのです。ぜひともこうした現代の利点を活用しながら賢く色々なサービスを利用してみてください。